わせがくについて
トップページ > わせがくについて > 建学の精神・教育方針・校長あいさつ

建学の精神・教育方針・校長あいさつ

建学の精神

心落ち着ける環境で、一人ひとりの個性を大切に育み、自立した個人として巣立つための健全な身体・精神力を身につけます。
失敗してもやり直しが出来る勇気と知恵を培います。

教育方針

自由

一人ひとりの生徒が「自己の責任を伴う」自由の大切さを認識し、学園生活を通し、「人生の選択の自由」を勝ち獲る力を養い、個人として独立を目指す。

個性

友人・教職員の交流を通し、一人ひとりの「個性」を、お互いに理解し錬磨し合い伸長していく中で、「信頼」「友情」の大切さを養っていく。

夢育

一人ひとりの生徒が目的意識を育み、「将来の夢」を発見してその実現を目指す。その際に継続して夢を育てる事が大事になる。

校長あいさつ

わせがく高等学校は
皆さんの夢や目標を達成できる
楽しい学校です。

学校法人早稲田学園 理事長
わせがく高等学校 校長
守谷 たつみ

楽しい学校

本校は教育目標〔自由・個性・夢育〕をモットーとして、生徒一人ひとりの夢や人権及び個性がお互いに十分に尊重され、いつも楽しい雰囲気にあふれる学校です。また、生徒が将来に渡って自立して生活できるように、人としての基礎基本(各教科の基礎学力・基本的生活習慣・人間性・社会性等)を身につける学校でもあります。そして、地域に根ざし、地域を活性化し、地域に信頼される学校を目指しています。

チャンスは全ての人に開かれている

成熟した社会では、求められる人材はますます多様になります。自立した個人の個性と自己責任が必須となり、そのことが豊かな社会を創る源となります。そしてそれは、とりもなおさず、誰にでもチャンスが開かれている!ということに他なりません。わせがく高等学校には一人ひとりの能力・適性に応じた教育を創造する自由があります。そしてそれを育む心のふれあいを求めるゆとりが先生や友達との間にあります。

失敗してもやり直せる学校

わせがく高等学校は平成15年4月に開校した若い学校ですが、すでに4,700人以上の卒業生を輩出しています。また、わせがく高等学校は創立64年の伝統を持つ大学受験の名門「早稲田予備校」と同一の学校法人早稲田学園が運営しています。通学型の単位制・通信制の高等学校だからこその強みを発揮する「わせがく」は、卒業資格の取得は当然のこと、「失敗してもやり直せる学校」に挑戦し続けています。その結果、卒業率98.9%、単位修得率96.4%、不登校改善率81.7%となりました。さらに卒業生は自立して社会に貢献できるなど、通って本当によかったと思える高等学校です。