学習スタイル
トップページ > 学習スタイル > 科目履修制度

科目履修制度

単位修得率実績100%!短期間で単位修得が可能


科目履修生として、高校卒業程度認定試験の併用を希望の方、定通併用制度利用の方、生涯学習のために一部科目の履修を希望の方に対して、前期又は後期完結で単位認定を行います。

わせがくの科目履修システム


1単位あたり3枚程度のレポート作成は自宅で行い、スクーリングは1科目あたり1~2日で完了しますので、短期間での単位修得が可能です。また、単位修得見込み証明書を発行することができますので、年度内の上級学校受験に役立てることが可能です。

高校卒業程度認定試験 合格までの流れ

高校卒業程度認定試験(高認)とは

高校卒業程度認定試験に合格すれば高校卒業と同等と認められ、大学や専門学校への受験が可能になります。
試験は年間2回実施され、年度内に16歳以上になる方が受験できます。試験科目は国語、地理歴史、数学、公民、理科、英語のそれぞれの科目の中から8科目を受験して合格する必要があります。通信制高校で科目履修をすることにより試験科目を一部免除とすることができます。

受験免除制度

高認試験は、高等学校で修得した科目の受験免除が可能です。ただし、全科目を免除とすることはできませんので、最低1科目を受験し合格する必要があります。
つまり、得意な科目1科目以上を高認で合格し、残りの科目は科目履修生として当校で学び、単位を修得することで高認合格を目指すことができるのです。

高卒認定のための科目単位修得の流れ

  1. 高卒認定試験に1科目以上合格。

  2. 当校に科目履修生として出願。残りの科目を修得。

    レポートの提出
    テストの受験
    スクーリングの出席(東京キャンパスで実施。1科目あたり1~2日程登校します。)
    各科目で「2」以上の評定を得る。
  3. 免除科目として申請。

  4. 高卒認定試験「合格証明書」の発行。

  5. 進学・就職などの次のステップへ!