行事

普通救命講習

(2019.06.04更新)

5月30日(木)

 

川越中央消防署にて、普通救命講習を受講しました。

けがを負ったときの止血の仕方

のどに食べ物が詰まったときの取り出し方

心肺停止の人を発見したときの救命の仕方を約3時間にわたって学びました。

 

 

 

 

救急車を呼んでから到着するまで約8分。

心配停止になってから脳の細胞が死に始めるのは約3分後。

救急隊が来るまで、救命活動ができるのは発見者たちだけです。

自分から動ける準備をしておきましょう。

この記事をシェアする