わせがくトピックス

不登校と向き合う親の会「さくらんぼの実る頃」シンポジウムに参加しました

(2018.10.18更新)

9月16日(日)、群馬県高崎市市民活動センター・ソシアスで行なわれた「さくらんぼの実る頃」のシンポジウムに参加しました。「さくらんぼの実る頃」は、不登校と向き合う親の会として、群馬県高崎市を拠点に活動されている団体です。定期的に対話集会や講演会などを開催されています。


シンポジウム第一部の「不登校を知ってほしい」に、わせがく高校の教員が参加させていただき、主催者の方と対談形式で講演しました。
教員自身の不登校の経験に基づく話や、不登校改善の経緯、両親の対応などについてお話しさせていただき、不登校で悩んでいる親御さんに向けて、不登校になったからといってあきらめないでほしいこと、改善するためのきっかけを自分のペースでチャレンジしてほしいことをお伝えしました。
さくらんぼの実る頃シンポジウム









わせがく高校は、教育相談室を設置しており不登校改善率は83.2%となりました。
不登校等の教育相談は各キャンパス・学習センターで随時受け付けております。

この記事をシェアする