about_correspondence_high_school
トップページ > 通信制高校とは

通信制高校とは

通信制高校とは

高校は通学の仕方によって、全日制高校、定時制高校、通信制高校の3種類に分かれます。
全日制高校は朝から夕方まで毎日通う学校で、定時制高校は主に夜間などの決まった時間に毎日通う学校です。
通信制高校は全日制高校や定時制高校と違い、毎日学校に登校する必要はありません。キャンパスや自宅などで学びながら、①レポートの提出、②スクーリングへの出席、③定期試験により全日制高校同様の74単位以上の単位を取得することで、3年間で高校卒業資格が得られる学校です。
時間の制約が少なく、独自のカリキュラムにより生徒一人ひとりに合ったペースで学習をすすめられる通信制高校は、不登校の方や社会人の方、夢と高卒資格の両立を目指す方などから選ばれています。

通信制高校を卒業するために必要なこと

通信制高校では、以下の3つの要件を満たすことで、卒業が認められます。

  • ○74単位以上の修得
  • ○通算3年間以上の在籍期間
  • ○30単位時間以上の特別活動への参加

通信制高校で得られる卒業資格

通信制高校を卒業した時に得られる資格は「高校卒業資格(高卒資格)」となり、全日制高校や定時制高校を卒業した時に得られる資格と同じものです。そのため、通信制高校で高卒資格を取得した場合、学歴は「高校卒業」となります。

通信制高校で単位を修得するために必要なこと

通信制高校では基本的に単位制を採用しています。科目ごとに決められた単位を修得しながら、高校卒業を目指します。通信制高校では、以下の3つの要件を満たすことで、単位を修得していきます。

○レポートの提出(添削指導)
決められた枚数のレポートを作成し、添削指導を受けます。レポートと聞くと難しい印象を持たれるかもしれませんが、穴埋め形式の出題が多く、教科書を読みながら取り組むことができます。作成したレポートは直接、または郵送などにより学校に提出して添削指導を受けます。
レポートの枚数は、多くの科目では1単位あたり3枚となり、全教科合わせた年間の提出枚数は約70枚となります。
○スクーリングへの出席(面接指導)
スクーリングは、本校または面接指導実施施設など指定された会場に登校して先生から直接授業を受けることです。前期と後期にそれぞれ数日間、まとめて行うことが多いです。
○定期試験(テスト)
2期制が多い通信制高校では、一般的に前期と後期の年2回、試験があります。教科書やレポートの復習をしたうえで、試験を受けます。

通信制高校にはどんな生徒が通っているのか

通信制高校は、毎日学校に登校する必要はなく、全日制高校に比べると自由に使える時間が多くなります。さらに、登校日数やスタイルをそれぞれの状況に合わせて計画することができるため、社会人として働いている方や、スポーツや芸能活動など夢を叶えることと高校卒業資格取得を両立させたい方など、さまざまな方が通っています。
特に最近では、不登校だった方や、学習速度に不安がある方、集団生活が苦手な方、病気など健康面から欠席しがちであった方、高校を中退した方、在学する高校で留年が確定してしまった方たちの新しい就学先としても注目されています。

わせがく高校に通っている生徒たちについて

わせがく高等学校には、自学型(通信制)のほか、全日制高校同様の高校生活が送れるよう、スクーリングとは別に希望によって登校して補習授業や指導を受けられる全日型(週5日制)や、通学型(週2日制)、校舎によってはフレックス通学型などの学習スタイルがあります。
自分自身の心や体の状態に合わせ、登校日数を少なくしてゆっくりと学習を進める生徒や、部活動やアルバイトに打ち込む生徒、志望校合格のための受験勉強に力を入れる生徒、夢に向かって活動している生徒、プロスポーツ選手になるために学習と練習を両立させる生徒など、多様な生徒が在学しています。それぞれの生徒たちが自分の目的や、やりたいことに合わせて学習スタイルを選択し、学校生活を送っています。