入学案内
トップページ > 入学案内 > 高等学校等就学支援金制度について

高等学校等就学支援金制度について

高等学校等就学支援金制度とは

わせがく高校も就学支援金制度の対象校となっており、単位登録料の一部・または場合によって全額が支援されます。(所得制限あり)
入学前でもご相談いただければ支給額を算出するお手伝いもいたします。
お気軽にご相談下さい。

就学支援金の内容

  1. ①日本国内在住の国公私立高校生徒に対し在籍月数で支給(学校設置者が代理受領し還元)
  2. ②支給対象は道府県民税所得割額と市町村民税所得割額との合算額が50万7,000円(年収910万円程度)未満の世帯(※)
    ※所得割額は保護者(親権者)の合算により判断。年収は保護者のうちどちらか一方が働き、高校生1人(16歳以上)、中学生1人の4人世帯の目安
  3. ③保護者等の収入の状況により特に必要があると認められる場合には加算
    • ・1.5倍額加算:道府県民税所得割額+市町村民税所得割額が85,500円以上257,500円未満(年収350~590万円程度)
    • ・2倍額加算 :道府県民税所得割額+市町村民税所得割額が100円(★)以上85,500円未満(年収250~350万円程度)
    • ・2.5倍額加算:道府県民税所得割額+市町村民税所得割額が0円<非課税>(年収250万円未満程度)          
    • ★税額の算定においては、100円未満の端数は切捨てされ非課税となります。
  4. ④所得制限:
    道府県民税所得割額+市町村民税所得割額が50万7,000円(年収910万円程度)以上の世帯には就学支援金は支給されません
  5. ⑤支給対象単位数の上限:通算74単位
  6. ⑥年間の支給対象単位数の上限:30単位、支給期間の上限:48か月(4年)
  7. ⑦1単位あたりの支給年額:4,812円
  8. ⑧支給の上限額:授業料(単位登録料)まで

当校に3年間在籍した場合の就学支援金支給例

下記の表は一つのケースです。転学や再入学をされた方の場合など、それまでの状況によって受けられる支援金は変わってきますのでご注意ください。就学支援金は入学手続き後、年2回に分けて清算返金を行います(予定)。

加算倍数標準
年次123
1単位あたりの
単位登録料
¥9,000¥9,000¥9,000
履修単位数242927
支給対象単位数242927
単位登録料
(加算後の上限額)
¥216,000¥261,000¥243,000
就学支援金
支給額
¥115,488¥139,548¥101,578
実質負担額¥100,512¥121,452¥141,948
加算倍数1.5
年次123
1単位あたりの
単位登録料
¥9,000¥9,000¥9,000
履修単位数242927
支給対象単位数242927
単位登録料
(加算後の上限額)
¥216,000¥261,000¥243,000
就学支援金
支給額
¥173,232¥209,322¥151,578
実質負担額¥42,768¥51,678¥91,422
加算倍数2
年次123
1単位あたりの
単位登録料
¥9,000¥9,000¥9,000
履修単位数242927
支給対象単位数242927
単位登録料
(加算後の上限額)
¥216,000¥261,000¥243,000
就学支援金
支給額
¥216,000¥261,000¥202,104
実質負担額¥0¥0¥40,896
加算倍数2.5
年次123
1単位あたりの
単位登録料
¥9,000¥9,000¥9,000
履修単位数242927
支給対象単位数242927
単位登録料
(加算後の上限額)
¥216,000¥261,000¥243,000
就学支援金
支給額
¥216,000¥261,000¥243,000
実質負担額¥0¥0¥0